静かで美しい住宅街として知られる、横浜市青葉区。

ここには、横浜市青葉区医師会法人が運営する「青葉区メディカルセンター」という事業所があります。訪問看護、そして訪問介護を始め、地域医療に関わる複数の事業を展開しています。

事業所は、田園都市線の江田駅が最寄り。江田駅は、長津田駅と二子玉川駅の中心あたりにある、落ち着いた住宅街です。駅から降りてわずか2分。綺麗な建物が姿を表します。

Aobaku-medical-center-building

事業開始は平成8年と、その実績は実に20年近くになり、地域から愛され続けているステーションです。

その青葉区メディカルセンターで看護師として勤務する岩間さんにお話を伺ってきました。

Aobaku-medical-center01

医療法人が経営母体となる青葉区メディカルセンターは、看護師と介護職員、時には医師が一体となって訪問看護、訪問介護にあたります。理学療法士などとも協力し合うことで、教育体制を充実させており、各々が高い専門性を持って業務にあたっています。

Aobaku-medical-center-office

医療依存度が高い利用者が多いこちらのステーションでは、終末期の看取りなど、精神的なプレッシャーの高いシーンも多く見受けられます。そんな業務に対して、岩間さんはこう言います。

「病院ではあくまでも治療が目的ですから、治療方針に従った看護を提供していきます。しかし、例えば在宅介護では、病気を持ちながらも自宅で、自分らしく暮らしていきたいという利用者様のご要望を叶えることが目的になります。そのために、看護プランをカスタマイズしていきます。自分らしい生き方を最大限叶えるために看護を提供していく。このやりがいは私自身、今まで味わえなかったものでした。」

ただし、利用者の方には、どんどん衰弱していってしまう方や、指が一本も動かせない状態の方もいる現場であるため、「どのような状態も理解して介護していきたいという強い想いが必要」と厳しい側面も覗かせます。

施設内には、スタッフの負担を軽減するための機会を用いたお風呂など、設備も充実している
施設内には、スタッフの負担を軽減するための機械を備えたお風呂など、設備も充実している

辛いシーンが多いと、そういった現場に慣れていない人にとっては負担が大きいようにも感じます。

「重度の利用者様の担当者は、事業所全体でカバーしていくようにしています。週次のカンファレンスはもちろん、抱えた想いは同僚、上長などが積極的にケアをしています。そういった想いを乗り越えて最期の瞬間まで利用者様の生活に寄り添えた、利用者様のご家族の方にも喜んでいただけた、という実績は、喜びにも自信にも繋がります。」

Aobaku-medical-center-staff看護師と同じステーションで連携しながら仕事をする。このことは、介護職員にとって大きな安心になるし、知識やスキルが付くきっかけにもなるようです。青葉区メディカルセンターで介護福祉士、サービス提供責任者として勤務されている川瀬さんにもお話を聞きました。

Aobaku-medical-center-kawase

「以前勤務していた事業所でも、やはり医療の問題を抱えている利用者の方は多数いらっしゃいました。しかしヘルパーとして、私の知識不足もあり、どう対処していいかわからないケースが多くありました。今は、すぐにナースと同行できる、もしくは尋ねられる、ということができるようになりましたし、同じ事業所内で働いているのでスピードも早いと実感しています。」

川瀬さんは訪問介護事業の開始前から、青葉区メディカルセンターで勤務。当時は事業所内でのみ介護が完結していて、わからないことも多かったといいます。

「今では、ヘルパーはデイサービスと、訪問介護、看護、そして医療の3つに関わりながら学ぶことができる体制になりました。技術、知識のレベルともに大きく向上したと思います。」

青葉区メディカルセンターは、青葉区在宅医療連携拠点としても機能。地域包括ケアのまさに先進的な拠点となるべく、常に進化しています。医療だけでもない、介護だけでもない。その融合から生まれる未来の介護、そしてスキルアップが目指せる職場です。

詳しく話を聞いてみたい

青葉区メディカルセンターの求人詳細

施設形態訪問介護
職種介護職・ヘルパー
応募資格初任者研修(旧ヘルパー2級をお持ちの方)

適応資格:介護福祉士、ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護実務者研修
仕事内容訪問介護での介護業務全般。生活や身体の介助。朝~夜のケア。簡単な書類作成など。
雇用形態正社員
勤務時間24時間のうち8時間。休憩時間1時間。残業なし。
休日休暇年間休日107日。月9休。
福利厚生各種社会保険完備。交通費2.5万円/月まで支給。

企業概要

組織名青葉区メディカルセンター
住所横浜市青葉区荏田北3-8-6
事業内容■訪問看護ステーション
■訪問介護ステーション
■居宅介護支援事業所
■福祉用具事業所
■療養通所介護事業所
■青葉区在宅医療連携拠点
統括責任者岩間 慶子
指定事業者番号1463790003
運営横浜市青葉区医師会
詳しく話を聞いてみたい

青葉区メディカルセンターを訪れて

これからますますニーズの大きくなる自宅での看取り。そのための「地域包括ケア」は様々な形が全国で試行されています。その中でも青葉区メディカルセンターは、医療法人が主体となりつつかなり積極的な取り組みをしているように感じました。訪問看護、訪問介護だけでなく、居宅介護支援事業所、福祉用具事業所、療養通所介護事業所、青葉区在宅医療連携拠点など、幅広い事業展開している点も大きなポイントではないでしょうか。広い視点で介護、看護を見てきた、ほかの事業とも連携してきた、という経験は、次に転職を考える際も必ずプラスに働くことだろうと思います。
すでに事業展開を幅広く行っている点、医療法人が経営している点などから、経営基盤が比較的安定していると思われることも、転職を検討するときにはポジティブなところかもしれません。今回の応募に限らず、幅広い職種の応募をしていますので、気になった方はぜひとも応募してみてください。