病院やクリニックで看護師として勤務したものの、もっと自分の希望するライフスタイルを実現できる職場がないだろうか…そんなふうに考えたことはありませんか?

人によってはリゾート地で短期勤務をしてみたり、数か月間の休みを取って海外旅行をする、という形なのかもしれません。

しかし今回は、看護師としての経験を活かしながら、長期的にワークライフバランスを取れる職場をご紹介します。

看護師の資格や経験を活かせる異業種

病院やクリニックでの勤務に違和感を覚え、転職を考えたとしても、せっかく取得した資格やこれまでの経験は活かしたいもの。

2015年に創業し元医師が経営する株式会社クリンタルでは、まさに経験者の看護師を、医療現場のスタッフとしてではなくサービスをともに作り上げていくメンバーとして求めています。

クリンタルは、「名医と患者さんを繋ぐ架け橋」を実現するウェブサービス。客観的な尺度を設けて名医を定義し、症状に応じて患者さんに紹介しています。

症状が重くなるほど、できるだけ良い医師に診てもらいという心情は強まるものです。しかし今まで、一般の方が名医を探す方法はほとんどありませんでした。患者さんによる口コミでは、医師の力量を正確に把握することができません。かといって医師が書いた論文を調査するといった専門的な方法も難しいでしょう。

そこを解決したのがクリンタルです。

元医師であり、病院経営のコンサルタントもしていたクリンタル代表杉田さんが、独自の評価軸のもと名医を紹介。患者さんがサービスを使って気軽に名医と出会える世界を実現しています。

IMG_0015

どうして看護師を求めているのか

クリンタルは、IT企業であって、医療機関ではありません。では、なぜ看護師を求めているのでしょうか。

それはクリンタルの重要な機能である「名医探し」をさらに強化するためです。

名医を探し、定義するためには、専門的な情報を的確に判断しなければなりません。そのため、看護師として患者さんと接してきた知識や技術、経験が求められているのです。

しかし、看護師を求めているのはスキルに注目しているからだけではありません。代表の杉田さんはこうも言います。

「患者さんが適切な病院に行ける、医師は自分の強みを活かした治療ができる、こういった世界を実現したいと思っています。研究や臨床ではない、ITではあるけど、患者さんを救うという原点は同じ。この理念に共感し、患者さんを救うということに強く意義を感じてくれる人と一緒に仕事がしたいのです。」

IMG_0032

広く深く医療の業界を知り、ビジネス面でも成長するチャンス

クリンタルに掲載されている名医は、様々な診療科にまたがっており、地域も全国をカバーしています。掲載において、そういった医師の方々にヒアリングをする機会があります。非常に狭き門であるクリンタルの「名医」の話を聞くことができるのは、看護師としてとても貴重な経験になりそうです。

また、クリンタルはベンチャー企業としても非常に注目度が高く、ビジネスモデルが評価され、既に伊藤忠の関連会社などから資金調達もし、日々大きく成長しています。

単なる事務作業や、大手企業の総合職といった形ではない、ベンチャー企業だからこその変化や成長を実感できるでしょう。そのうえで看護師としてのキャリアを十分に活かすことができる。看護師のセカンドキャリアとして、新しい形がこの職場から生まれようとしています。

IMG_0041

ライフスタイルを優先する、という選択肢

ここからは、職場環境についてクリンタル代表の杉田さんに具体的なお話をお伺いしていきます。

-ベンチャー企業というと、ひたすらに忙しく、残業、休日出勤、時には徹夜も…そんなイメージがありますが、クリンタルではどのように働けるのでしょうか。

-杉田「土日のほか、祝日や夏季休暇、年末年始など、休みは一般企業と同じように取ります。業務時間は10時から18時が基本ではありますが、たとえばお子さんの面倒を見たいから毎日17時に帰りたい、朝早くから稼働したいので9時からの勤務にしてほしい、など、時短勤務を含めて応募してくださる方の要望を最大限叶える形を採っています。やはり、会社と働き手の双方が幸せにならなければ意味がないと考えているからです。」

-労働条件が良くても、今まで看護師として働いてきたのに、いきなりIT企業で通用するのか、不安な方もいらっしゃるかと思います。エクセルを使ったデータ入力など看護師時代はあまり接してこなかった業務の対応が必要なケースもあります。ベンチャー企業の場合は自分で学んで、覚えて、実践することが求められそうなイメージがあります。

-杉田「最近まで病院で働いていた人に、いきなりITの業務を丸投げするような仕方はとりません。私たちがその方に求めているのは、看護師としての経験や、患者さんの力になりたいと考える意識です。それらを最大限に発揮してもらうため、やり方はもちろんの事、なんのためにやるのかといったやる意義も含めてしっかりと教え、自走ができるようになるまでちゃんと付き添います。」

近年、医大でも看護大でも、学内でいわゆる起業サークルのような動きが活発になってきています。従来のように医療業務に従事するために学ぶという側面のほか、そもそも現在の医療が抱えている根本的な問題点や、民間企業と協業することで解決できる新しい視点など、広く学んだうえで医療の世界に羽ばたく人が増えているようです。

今まで医療に従事したキャリアを別の道で活かしながら、今までと異なる方法で患者さんを救うことと向き合う。それも、急成長中のベンチャー企業だからこその面白さに、まさに自分が当事者となって立ち会える。看護師のセカンドキャリアとして、ワクワクにあふれたチャンスがここにはある。そう感じたインタビュー時間でした。

IMG_0026

詳しく話を聞いてみたい

クリンタルの求人詳細

雇用形態正社員、パートアルバイト選択可
給与20万円/月~(働き方により)
福利厚生社会保険完備
仕事内容医療に関する情報のウェブ上での調査
エクセルへの入力、簡単な計算
患者からの問い合わせのオンライン対応、など
勤務地六本木オフィス(東京都港区西麻布3丁目1番地19号 六本木小山ビル703)
都営大江戸線 六本木駅から徒歩5分
東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩5分
東京メトロ千代田線 乃木坂駅から徒歩8分
東京メトロ日比谷線 広尾駅から徒歩13分
勤務時間10-18時(パートの場合は応相談)
休日休暇土日祝日、年末年始、その他夏休みなど弊社カレンダー通り
応募資格臨床経験2年以上の看護師
求める人物像
  • 悩める患者さんの役に立ちたい、自身の医療知識を活用したい方
  • 経験したことの業務でも好奇心を持って楽しめる方
  • チームワークが好きな方
選考プロセス
  1. 書類選考
  2. 代表との面接

企業概要

企業名株式会社クリンタル
代表者名杉田 玲夢
社員数5名(パート含む)
創業日2015年5月8日
会社住所東京都港区西麻布3-1-19六本木小山ビル703
事業内容患者さん向けに名医検索サイトの運営、および名医紹介サービスの提供
詳しく話を聞いてみたい

クリンタルを訪れて

六本木ヒルズから徒歩数分。六本木通りに位置するクリンタルは、まさに「ベンチャー企業」といった雰囲気ですが、一方で、人柄の柔らかさ、優しさが溢れる事務所でした。代表の杉田玲夢さんを始め、主要スタッフのみなさんが30代だからでしょうか。イケイケというよりは、しっかりと練られた事業計画をもとに、将来を見据えて事業に取り組んでいる様子が伝わってきました。杉田玲夢さんのコンサルタント時代の経験が活きているのかもしれません。
クリンタルというサービス自体は、一般への認知度はまだまだであるものの、今後確実に必要とされるサービスだろうと確信しております。身内や自分が重病に掛かってしまったとき、例えばガンになった際、どこの病院のどの先生が信頼できるのか、探す術が全くないからです。最近では大手上場企業の医療系情報サービスの信頼性が低いということでサイト全体がクローズされる、という事件も発生しました。その一方、クリンタル杉田玲夢さんが手がけるような、まさに信頼性を重視した「本当の情報」を提供するサービスは、必ずや患者さんのニーズに応えることができるはずです。