僕らは「根拠のあるケア」しかやらない、通所介護に通って、お歌を歌って、「ハイ、楽しかったですね。」は僕らが目指す介護の未来とは違うんです。

世田谷区上用賀―。田園都市線用賀駅から徒歩でおよそ10分。まさに閑静な住宅街に、真新しい通所介護施設が佇む。それがここ、ソルシアス上用賀だ。航空会社JALの系列会社が営むこの施設に、2015年に入職した大工原。彼は語気を強めて続ける。

ソルシアス上用賀-大工原

「利用者の方々が、活き活きと地域活動に参加できるようにすること。それが僕らの使命です。そのために「エンターテイメント性」と「科学的な自立支援」の2つを大切にしています。」

どちらも実現は簡単ではない。介護職員が不足しがちな昨今、スタッフにそこまで求められるのだろうか。現場のスタッフからの反発はないのだろうか。それに関して、大工原よりもおよそ半年前に入職した田村はこう説明する。

ソルシアス上用賀ー田村

「上司が、「現場スタッフにとって働きやすい環境を作りたい、そのためにどうしたらいいだろう?」と真剣に聞いてくるんです。そして、現場が提案したことは本気で検討され、どんどん実現されていきます。たとえば2016年から夏休みが新設されたり、乳がん検診を含む健康診断が全額会社負担になったり、退職金のような制度ができたりと、本気で働きやすさに向き合ってくれていると実感できます。」

こうした会社の真摯な姿勢が、スタッフのやる気を喚起していることは間違いないだろう。

彼女はソルシアス上用賀に入職後、実務者研修を修了。今後は介護福祉士、そしてケアマネの取得を目指している。入職当時は、ケアマネの資格を取ったら、現場からの距離を取りつつ人とも触れ合って…一言で言えば「楽したい」という意識を持っていた。

そんな彼女を変えたのは上司である大工原の言葉だった。

「介護はだれにでもできるかもしれない。しかし、「介護職」は別だ。介護職には、知識、技術、経験の積み重ねが求められる。僕らはプロなんだ。」

ソルシアス上用賀ー風景

この言葉は、介護職に対して誇り、プライドを持つきっかけになった。以来彼女は、散歩1つ、レクリエーション1つとっても、そこに根拠を、意味を求め、考えるようになった。

決められた時間になったからお散歩に行くのではない。気分転換のためだけにレクリエーションを行うのではない。楽しんでもらいながら自立支援をする。そのために何をすべきか、何ができるのか、今も日々必死に悩み続けている。

とはいえ、ソルシアス上用賀から感じられる雰囲気は、ストイックさ、厳しさというよりは柔らかさが勝る。それはおそらく、ソルシアス上用賀のスタッフに浸透している「楽しんだもの勝ち」という意識のせいだろう。

人間関係の難しさはどこの施設でも悩みの種だが、ソルシアス上用賀の雰囲気はどのように作られてきたものなのだろうか。言語聴覚士の伊藤はこう考えている。

ソルシアス上用賀ー伊藤

この会社は、業界歴が短いから、いわゆる常識がない。だから、平気で理想論を口にする。業界が長い人間からしたら、「それができたら良いのはわかるけど、現実には無理」という判断になるのだが、常識がないからこそ、チャレンジしてしまう。そして本当に実現してしまうのだ。

結果として、会社には「ブーブー言いながらも利用者のためなら「やるか!!」と考える、ある意味で前向きな人だけが残っていく。」という。そのポジティブな雰囲気が、ソルシアス上用賀が追求するエンターテイメント性を実現に近付けているのだろう。

upfile_1415338595_1_ダンス披露会②

エンターテイメント性のほかにもう1つ、ソルシアス上用賀が大切にしていることがある。それが、大工原の言葉を借りれば「根拠のあるケア」であり「科学的な自立支援」だ。

ソルシアス上用賀では、体組成計をはじめ、様々な機器を使って体の状態を測定する。そして、利用者の体を目標の状態にしていくには、現状とどの程度ギャップがあるかを正確に把握し、そのギャップをどのように埋めていくのか、科学的にアプローチしていく。

ソルシアス上用賀でケアマネとして従事する庄司は、介護の業界はもう7年になるが、ソルシアス上用賀に入職してからはまだほんの数か月だ。短い期間ながら、彼女はソルシアス上用賀のやり方や考え方に大きく触発された一人だ。

ソルシアス上用賀ー庄司

ソルシアス上用賀では、ICFをはじめ、長谷川式、RCPM、MMMCなど、介護施設ではまだまだ導入が進んでいないメソッドをかなり積極的に採用している。これらのメソッドは医療機関では比較的導入が進んできたものの、介護施設ではまだまだ珍しい。

そのため、求人に関しても「前職とは違ったやり方が多いため、前職での経験はあまり求めていない。柔軟に挑戦できる人がいい。」(大工原談)という。

そして彼らは、知識や経験の前に、なんといってもモラルが最重要だと考えている。その表れなのが、スタッフがよく口にする言葉である「自分の肉親に受けてほしいサービスか真剣に考える」というものだ。もちろんそれを完璧に実現できているかどうかは、まだまだ課題もあるだろう。

事実、ソルシアス上用賀は2014年にできたばかりの施設で、まさに試行錯誤と挑戦の最中、といったところなのだ。しかし、単にきれいごとを言うだけではない、中身を徹底して追い求める気概を感じることができた。

upfile_1428464608_3_お花見➁

そんな環境の中、ケアマネの庄司が触発され、抱いた目標がある。それは、より高度な技術でも、知識でもなく、「利用者さんと地域社会との触れ合いをいかに作り出すか」だ。そのために和太鼓のグループとリハビリメニューを作成したり、その発表会を企画しているが、「まだまだこれから、やりたいことはほとんど実現できていない」と言う。これもソルシアス上用賀の「挑戦」の1つなのだろう。

ソルシアス上用賀は、「完成された大規模組織」という雰囲気はほとんどない。職員も20名前後の規模で、利用者も現在は定員50名ほど。だからこそ自分で考え、作り出すことが求められる。しかしやり方は丸投げではなく、上司が伴走し、成長を支えてくれる。気になった方は是非応募してみてほしい。

詳しく話を聞いてみたい

ソルシアス上用賀の求人詳細

施設名ソルシアス上用賀
住所世田谷区上用賀3-9-9
施設開業日2014年1月1日
従業員数16名
事業内容通所介護
採用資格生活相談員、介護支援専門員
採用人数各2名
給与生活相談員
21万円/月~
介護支援専門員
20万円/月~
福利厚生JALUX商品の社割
交通費 全額支給
各種社保(雇用保険、厚生年金、健康保険)
食事補助
資格手当
健康診断(年1回)
特別休暇制度あり
仕事内容介護支援専門員
ケアマネ業務全般、地域包括ケアの仕組みづくり
生活相談員
通所介護計画書作成。評価と現場でケアを行っているスタッフの勤務環境の改善提案。担当者会議出席。居宅への実績の配布。ご利用をいただいているお客様へのケア全般。送迎業務。
勤務時間08:00~17:00、08:30~17:30、09:00~18:00
休日休暇土日、年末年始(30日~3日)、リフレッシュ休暇(1年以上勤務)、慶弔休暇、有給(入社3ケ月経過後 3日間)
応募資格生活相談員
【必須】初任者研修又は、ヘルパー2級、普通免許。
【あれば望ましい】介護福祉士
介護支援専門員
居宅介護支援専門相談員資格保有者
求める人物像生活相談員
事業拡大による介護職員の募集
通所介護における生活相談員は事業所の顔であることから、デスクワークにとらわれることなく来所される全てのお客さまへ目配り、気配りができる方。既存施設である通所介護ではICFを取り入れながら、定期的に長谷川式、RCPM、MMMCをお客様へ実施していますので、入社時に理解が出来ていなくても入社後に自身で勉強をすることはもちろんですが、担当しているスタッフと連携を細かくできる方を求めています。
転職回数は問いませんが、今までどのような事業所でどのような実績を残してきたのかを重視します。
介護支援専門員
在籍中の有資格者と居宅介護支援事業所の立ち上げを担当いただきます。そのために、フットワークが軽く、社会人的な常識を持ち併せて「報告、連絡、相談」を社内間でもできる方。
既存施設である通所介護ではICFを取り入れながら、定期的に長谷川式、RCPM、MMMCをお客様へ実施していますので、入社時に理解が出来ていなくても入社後に自身で勉強をすることはもちろんですが、担当しているスタッフと連携を細かくできる方を求めています。
居宅介護支援事業所としてだけではなく、施設全体として地域の一員として活動するだけでなく、地域の方々と地域づくりができる方。
転職回数は問いませんが、今までどのような事業所でどのような実績を残してきたのかを重視します。
選考プロセス
  1. 1次面接 事業部長
  2. 2次面接 社長
※1次面接時に適性診断を行います。
その他JALグループとしての介護事業は立ち上げたばかりですが、ICFの視点を取り入れながらお客さまへケアを行っているために、様々な企業のテストマーケティングの場としても活用をされています。

企業概要

会社名株式会社JALUXトラスト
代表代表取締役  村田 正美
本社所在地〒144-0041 東京都大田区羽田空港1-6-6
設立2011年3月11日
資本金139,000,000円
詳しく話を聞いてみたい

ソルシアス上用賀を訪れて

大企業を母体とする安定感を持ちながら、介護部門に関しては手探りの状態。そして、大企業らしからぬ「変わっていく姿勢」を強く感じました。どんどんチャレンジする気概があり、チャレンジし、変化をする目的は、「一貫して利用者様のため」という意識が、綺麗事ではなく根付いている場ではないでしょうか。二子玉川、用賀近辺は介護施設も多く、これから増えていくことも予想されます。近隣にお住まいの方は、選択肢がたくさんあるかもしれませんが、是非ソルシアス上用賀をご検討されてはいかがでしょうか。JAL系列なので、そういった方面の福利厚生もあるそうです。