医師、薬剤師、看護師などの職業は、転職エージェントが大変多く、しのぎを削っているレッドオーシャンです。

医療系の職業紹介は大きく分けて、ハローワークなどが行っている「無料職業紹介」と、転職エージェントなどが行っている「有料職業紹介」に分類されます。情報が十分にある業界、転職において検討事項が少ない業界ではエージェントの役割は少ないのですが、医療系は特にエージェントが必要とされる業界です(転職単価が高いためエージェントが多い、という事情もあります)。

実際、ハローワークは十分に医療系の求人に対して対応できているとは言えないでしょう。

ハローワーク以外にも、無料での職業紹介システムは存在します。たとえば医師の場合、国の補助金によって、医師会が主体となっている女性医師バンクがあります。また、看護師の無料職業紹介として、都道府県看護協会が都道府県知事の指定を受けて実施しているナースセンターがあります。しかし、どちらも個別での細かい相談対応や、求人施設への給与や労働条件の交渉については十分に対応ができていません。

また、これらのセンターに対する予算は近年削減されている傾向にあり、ますますエージェントを使った転職活動が主流になっていくでしょう。

求職者にとってみれば、(施設側が支払うため)有料か無料かは関係ないうえに、エージェントのほうが丁寧な相談対応をしてくれる、労働条件の交渉をプロとして行ってくれる、という点からそちらを選ぶケースが多いでしょう。一方で、求人をする施設にとってみれば多額の報酬を支払う必要があり、できれば無料、無料でなくても低額で人を採用したいということろが本音でしょう。

近年、日雇い派遣に対する規制強化などがあり、他業種の派遣会社、有料職業紹介事業者が相次いで医療分野に進出するケースが見受けられます。ある程度以上の規模の病院では「エージェントが多すぎて管理しきれない、これ以上は新しいエージェントとの契約はできない」というケースまで出てきているようです。

しかし、本質的な問題は、求人をする際に無料職業紹介に頼るのか、エージェントを使うのか、という点ではないと私は考えています。経営を改善していくにはやはりコストは低いにこしたことはありませんが、一方で質が高い人材に、定着してもらうことも必要です。その実現のためには、魅力ある地域医療を実践し、人を育て、魅力ある労働環境を作るという、非常にベーシックな人的資源管理を進めるということが大切です。人の問題は魔法のような解決策を期待するのではなく、着実に当たり前のことを整えることからスタートすると良いでしょう。

桑原 誠二
Author

コメディカル、介護職員に特化した人材エージェント勤務。元はケアマネージャーとして介護施設で6年の経験あり。医療、介護人材が、転職によってよい人生を歩めるようにするために日々奮闘中。